殿ヶ谷戸庭園

都内では珍しく園内に竹林がある、殿ヶ谷戸庭園。
西東京にあるこの名勝は、段丘の崖に出来た谷を見事に利用した「回遊式林泉庭園」です。

庭園を入るとビロードのように滑らかな芝生があり、その先に進んでいくと竹の小怪(竹林)、そして崖に出来た滝など、数多くの表情と雰囲気を持つのが特徴です。

個人的には面白みの少なく、空間作りにどこか間がわずかにずれた印象を持っているためどうも感動などは起こりませんでしたが、竹林や滝、そして鹿おどしなどの庭園奥の部分はやはり見事な景観や遊び心があるなぁと思いました。

藤棚や萩のトンネルなど、春や秋の季節には素晴らしい景観があることが想像できます。

武蔵野のむかしから自生していた植物、昆虫も数多く見られるため、自然や昆虫好きのかたにもオススメです。
星二ツ。

殿ヶ谷戸庭園の見所

【芝生】
見所其の1 - 芝生
東京都内、名勝に指定された日本庭園の中でも一際目立つ殿ヶ谷戸庭園の芝生。
ビロード(絹)のように滑らかな芝は手入れの良さを物語っています。
【もみじ】
見所其の2 - もみじ
紅葉の季節は素晴らしい美しさを見せる紅葉。
紅葉亭と呼ばれる御茶屋からの眺めは最高です。

【萩のトンネル】
見所其の3 - 萩のトンネル
向島百花園にもあるような萩のトンネル。萩の見頃にはトンネルになります。
【竹の小怪】
見所其の4 - 竹の小怪
都内の日本庭園には珍しい竹林。殿ヶ谷戸庭園の大きな見所の一つです。

【湧き水】
見所其の5 - 湧き水
殿ヶ谷戸庭園の泉水の水源である湧き水。非常に澄んでいます。
【蔵野の植物】
見所其の6 - 蔵野の植物
昔ながらの植物、昆虫が殿ヶ谷戸庭園には多く生息しています。

【紅葉亭】
見所其の7 - 紅葉亭
紅葉亭と名づけられたこの御茶屋。
紅葉の季節には紅の色に染められた紅葉が堪能できます。
【鹿おどし】
見所其の8 - 鹿おどし
紅葉亭の奥でひっそりと佇むこの鹿おどし。
さわやかな音が聞こえ、風流です。