旧芝離宮恩賜庭園

約350年前は海面の下にあったと言われると旧芝離宮恩賜庭園の地、港区海岸、浜松町駅周辺。
わずか1km余り北に位置する浜離宮恩賜庭園と同じく、庭園内には微かな潮風と大都会の片鱗を空に感じるこの日本庭園。

浜松町という大都会に位置する傍ら、やはりここに一歩足を踏み入れると、都会の喧騒の中とは違う空気が漂います。

典型的な「回遊式泉水庭園」の造りである旧芝離宮恩賜庭園の特徴といえばやはりその泉水(池)。
泉水を中心にその周りを緑が育み、そして少し顔を上げると空高く突き出んばかりの高層ビルが立ち並ぶこの日本庭園の特徴は、「大都会と和の空間」の融合。

場所柄JR山手線「浜松町」駅前徒歩わずか1分に位置する旧芝離宮恩賜庭園は、アクセスの良さも魅力の一つ、特に近隣の時間をすり減らして忙しい社会人の方々に是非足を運んでもらいたいと思う日本庭園です。

旧芝離宮恩賜庭園の見所

【泉水】
見所其の1 - 泉水
「回遊式泉水庭園」の大きな特徴である泉水。広さ約9,000uで、現在は淡水を引いていますが、その昔は海水を引き入れた入り潮の池でした。
【大山】
見所其の2 - 大山
庭園内の最も高い築山で、頂上から庭園が一望出来、浜松町の高層ビルと日本庭園のコントラストが見事です。対岸からの左右の築山の稜線の変化が見事だと言われています。

【西湖の堤】
見所其の3 - 西湖の堤
中国の杭州(今の浙江州)にある西湖の提を模した作りになっています。
【中島】
見所其の4 - 中島
園景の要となる中島。中国で仙人が住み不老不死の地と言われる「霊山」を模した石組みになっています。

【藤棚】
見所其の5 - 藤棚
庭園の入り口より少し先にある樹齢約200年の大きな藤棚。
その下にはイスやテーブルがあり、そこからの庭園の眺めもまた格別です。
【芝生】
見所其の6 - 芝生
旧芝離宮恩賜庭園のもう一つの見所と言えるのがキレイに手入れされたこの芝生。
夕日を受ける時間には素晴らしい色合いになります。