東京日本庭園ガイド〜目次〜

東京都内にはそれなりの数の公園や神社、お寺がある中、日本庭園の数は微々たるものです。
ここでは東京都内の日本庭園ガイドを、“にしやんガイド”(星付け)と共にご紹介していきます。

あなたの街の近くにあった日本庭園が見付かるかもしれません。


〜にしやんガイド〜
三ツ星は「どんなに遠くても行く価値があり、和みの空間がある」、
ニツ星は「近くにあるなら行く価値がある」、
一つ星は「人それぞれ好みが違いますね。今回ノーコメントでw」を意味します。

あくまで個人的な意見ですが、参考程度にお考え下さい。



清澄庭園

東京が世界に誇れる日本庭園の一つ、「清澄庭園」。
一つ歩を進める事に、新たな表情を見せる清澄庭園の美しさは、まさに“無限”。

文句なき三ツ星庭園の魅力、佇まいはどんな庭園通も魅了されてしまいます。



小石川後楽園

庭園へと続く入り口付近から、既に演出が始まっているという小石川後楽園。
一つ一つの作りが繊細、かつ庭園内の様々な地形を効果的に利用したその庭園は、大胆さと繊細さが見事に融合されています。

東京ドーム横、総武線水道橋駅から徒歩8分のこの庭園はアクセスの良さはさることながら、内容共に文句なしの三ツ星庭園です。



旧芝離宮恩賜庭園

築地のすぐ近くに位置する旧芝離宮恩賜庭園は、潮風のする海の日本庭園。

周りも造船所や高層ビルなど、迫力のある場所に位置するが、日本庭園としての良さに少し欠けている。星一ツ。



旧古河庭園

洋館と様々なお花の庭園、そして日本庭園が融合された旧古河庭園。
10月からの時期にかけてはお花も見ごろで、恋人同士で行くのも楽しい庭園です。

「和み」とは行かないながらも、家族で楽しめる旧古河庭園は星二ツ。



六義園

中規模の敷地内には多種の植物、木を持つ六義園は江戸時代からの由緒ある庭園として親しまれてきました。
様々な空間を持つこの日本庭園は散策や鑑賞に最適。

和みの空間が待っています。星三ツ。



旧岩崎邸庭園

都立庭園案内にも載る重要文化財、旧岩崎邸庭園。
洋館と和館を併せ持つ館内は、日本庭園というよりも博物館。和みの基準で言えば星一ツと言いたい所だが、洋館の作りや内部の展示品は非常に貴重である。



浜離宮恩賜庭園

庭園内から浜松町の高層ビルが見渡せる日本庭園、浜離宮恩賜庭園。
歴史あるこの日本庭園ですが、都会の喧騒の中ではその日本庭園の魅力が半減されてしまうかも。星一ツ。



旧安田庭園

大相撲のメッカ、両国国技館のすぐ裏にある旧安田庭園。
名勝に登録されていないからか、人には多く知られていないこの日本庭園はまさに穴場。

入場料無料のこの日本庭園は、気軽に入れてゆっくり休むことの出来る、管理人西野の個人的にお勧めの日本庭園です。星二ツ。



八芳園

白金台のホテル敷地内にある八芳園は、手入れの行き届いた魅力のある庭園。
休日は結婚式も行われるこの庭園は、白金台という土地にふさわしいセレブ庭園。星二ツ。



平成庭園

江戸川区北葛西、庶民的な公園の中にある日本庭園。
小規模ながらも予想をはるかに上回る和みの空間があり、あっさりと楽しめるこの日本庭園は家族連れに特にお勧め。

満足の行く2ツ星。



殿ヶ谷戸庭園

武蔵野にある殿ヶ谷戸庭園。
敷地内には竹林や泉水があり、小さいながらも素晴らしい空間を演出する日本庭園。

西東京の人にはまあまあお勧めの日本庭園。二ツ星弱。



新宿御苑

連日親子連れや外国人で賑わう、新宿御苑内の日本庭園。
日本庭園というよりも、中国風の変わった建物で日本庭園としての魅力は少ないが、家族連れには楽しい場所。

星一ツ。



向島百花園

僕が2度足を運んだ時は園内の手入れがされてなく、少し不満を感じた向島百花園。
名勝ということもあり、本来の魅力はあるんだろうが、未だお目にかかれていない。

星一ツの保留。